シバブログ

日常で感じたこと思ったことを書いています

コアワーキングスペース

シバです。

 

コアワーキングスペースなどと呼ばれるものがありまして、

最初は何のことだと思ったのですが、

 

オフィスを持っていない人が椅子と机だけを複数人で共有するもの。

正しいかどうかは別として、そのようなものだということが

わかりました。

 

シェアハウスなるものがありますが、

それに近い概念かもしれません。

 

なぜまた、そのようなことを調べたのかといいますと、

わたしの居るマンションに元々のエアコンがついていない

(接続の穴は二箇所も開いている)ので、最初は何とか

なるだろうと思っていました。

 

しかし、8月の半ばは過ぎても。熱い。。

裸でいようが、水浴びしようが熱くて

何も考えられない。

 

東京ならまだエアコン無しでもいけた(偶然風通し良かった)

のですが、今回ばかりはヤバイ気がしてきました。

 

これを書いている今もほぼ苦行なみに熱いことは確かです。

 

エアコン入れようか考えたりもしました。

7月終わりから我慢したままになってしまいました。

 

しかし、昔ってエアコンなかったはずなのに

いつのまにやら当たり前になり、それからというもの

エアコンなしでは生きられない種族にわたしたちは

変えられてしまったのでしょうか。

 

それでも、避暑地というものがあるくらいですから、

熱いは熱かったのだと思います。

 

今は冬のことは考えないようにしていますが、

夏がここまで熱いとは想定外でした。

山の近くだし大丈夫だろうと思っていたのです。

 

だったらスタバでも何でもカフェに行けばいいだろうと

思われるかもしれませんが、スタバは常に超満員

その他のカフェはWi-Fiが使えないなど諸問題も多く

何より、大きいディスプレイじゃないと作業したくない

という我が儘な理由から現在の自宅から動けないのです。

 

そこで、大きいディスプレイのある

コアワーキングスペースなるものを探してはいるのですが

なんだかこれだけで費用がかかるのもバカバカしいと思い、

灼熱の熱さのなか作業しているのです。

 

いっそのこと昼夜を逆転させる。夜中に活動するように

すればいいのでしょうか。

 

サーカディアンリズムといって、人間は朝起きて10時

くらいに寝ないと肉体を回復できないらしいのですが、

こうなったら午前2時にでも起きるしかないのかも

しれません。

 

しかし、

 

5、6月まではふつうに寝て朝起きていたので、

そのようにできないものかとは思うのです。

 

昼寝なんてのもいいらしいので、

10分、15分寝たほうが、いや

いっそのこと3,4時間寝てやろう。

 

そうすれば朝の2時か3時には起きれるはずです。

 

もっとも、最近はそれくらいの時間に目覚めることが

よくあるのです。近隣住民はほぼ寝静まっている時間帯

ですので、ありえないほどの集中ができるのです。

 

バスや電車での移動はとんでもなくストレスですので、

午前中にすべて片付けてしまったほうが効率的とも言えます。

 

コアワーキングスペースなんて場所に行ったら行ったで、

また集中出来ないどころか、また交流会などと称したもので、

他人と慣れ合ってしまったら、それこそ本末転倒です。

 

ここは一つ熱さの問題を活動をする時間帯で操作していく

しかありません。

 

本来なら夏は休んだほうがいいのでしょう。

この昼の炎天下で何かしようだなんてのは頭がおかしいのです。

 

唯一残るのが上の住人たちなのです。

 

とにかくうるさい。。

 

つづきを書きたいところですが、

PCがだいぶ熱を持ち始めてきましたので、

この話はまた次回ということにします。

 

ではまた