シバブログ

日常で感じたこと思ったことを書いています

盥(たらい)回しにされました

シバです。

 

先日のトランポリンのありない故障

というより、初期不良、いや、

商品の設計による欠陥。と思われるを、

 

最初はアマゾンに抗議したところ、

メーカーに連絡しろとの一点張り

だったので、仕方なくメーカーを

調べ連絡した。(TOEI LIGHTとあった)

 

一日経って、メールの返信があり、

問題の画像を送ったところ、

 

さらに、詳しい状況を説明しろとのこと

だったので、それを書いて送った。

 

対応としては遅い。遅すぎる。

メールが返ってくるのも遅い。

で、交換での対応になったが、

何だか今度はまた壊れたら

どうするんだという問題がある。

 

やはり、設計上問題のあるものを(中華製)

再度、品が送られてきても、また壊れたら

もう一度言うの馬鹿らしい。

 

ようは、もう信用ならない。と

 

で、それだったら金を返してくれと、

全額返金を要求するといったら、

今度はアマゾンに連絡してくれと

返答があった。

 

直接、行こうかと思ったのだが、

場所が埼玉なので無理だった。

 

にしても、

こちらにはなんら落ち度がないのに

一体どういうつもりなのだろうか、

 

以前だったら、もっと真摯に対応するのが

普通だったと思うのだが、いつまにか

人間性の腐った連中がはびこるように

なったのか。

 

高額(一万円)なら良いってものでもないようだ。

 

最近は怒る人が少なくなったのだろうか、

怒るべきである。怒らな過ぎだ。

 

わたしは今怒っている。

 

信用や信頼を無視してでも儲けようなどという

魂胆が気に食わん。

 

こうすれば客も泣き寝入りするだろう。

ここまですれば逆に面倒になって返金

しないだろう。

 

このような、考えが蔓延している。

客は舐められている。或いは、

 

誰かが責任を取るという考え

そのものがしんだのかもしれない。

 

これ以上、日本に嘘つきが増えたら

今後、日本人として生きていくことが

難しくなるのではないか。

 

海外に行くとつくづく思うのが、

日本のほうがいいということ、

どうしてこんな素晴らしい国が

できたのかと心から思うくらい

である。

 

外国いっても、ああ

こんな国に生まれなくてよかった。。

って思うくらいなのである。

 

まあ、

今日に始まったことではないが

いよいよ信用できなくなってきた。

 

せっかく、奇跡ともいうべき国だったのだから、

もっと大切にしなければならない。

 

シバ