読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シバブログ

日常で感じたこと思ったことを書いています

そんなにモテたいのならこの3つをやりなさい

異性にモテるという悩みというのは、

どういうわけか、時代をこえても変わらず

存在し続けています。

 

服装のセンスを何とかすればモテるのでは

ギターを弾けるようになれば人気が出るのか

などと考え、構わずやってみてはみたものの、

んん〜何か違うなと、思ったのですが、

 

これといった解決策になるものが、まるで

ありませんでした。

 

じゃあ、ナンパをすればいいのではないか

という考えもあるのかもしれませんが、

冷静に考えると本当にそれはモテているのではなく、

数を打てば当たるという、単なる確率の話しに

なってしまいます。

 

つまるところ何が言いたいのかといいますと、

 

「在り方」を変えます。

 

モテるという現象を引き起こす為の

行動をしている状況にあるかどうかです。

 

テクニックの話しをすれば誰でも

ああこういった服をきればいい、

聞き上手になりましょう。など、

あるかもしれませんが、

 

仮にそれらのモテるとされる方法を

1000個ぐらい確実に覚えて実践しても

まず、モテることはないでしょう。

 

そこで、モテるためにできることは

本当に存在しないのかといいますと、

 

方法が無いわけでもないのですが、

 

正直、おすすめできないもの

でしたら、モテる条件として、

 

確実であろうというものが

あります。

 

1,飯の食い方を汚くする

まあ極端に言えば、

ブタみたいに食べるというです。

 

男性でも、

くちゃくちゃ言わせて食べる人は

ものすごく嫌がられたりしますが、

 

箸の持ち方をグーの字にして持って

食べるというやり方も有効です。

女性の場合であっても案外引かない

ものです。

 

「これは黙っていてあげよう」という

気持ちにもなります。

 

もしも、これが中途半端に食べ方が

悪いということになりますと、

 

単に「食事のマナーが出来ない人」

になってしまいますが、

 

インパクトがあれば、それはそれで

成立してしまうものです。

 

2,友達をムダに増やす

だれと構わずハイタッチして、

友達をどんどん増やしていく、

悪そうなのでも何でも構いません

ので、

 

そのようなパーティなりイベントなりに

出ていって友達を増やしまくるというのが

大切です。

 

友達の質よりも、知り合いの数で勝負する

といった感じです。

 

「人脈すごいね」

 

「そんなに顔広いんだ」

 

と言わせましょう。

 

コツとしては、

テンションを高めに設定することです。

 

頭のいい会話をするというよりは、

とにかく明るくて楽しい印象を

与えましよう。

 

極限を超えた、

ポジティブ・シンキングです。

 

全くといっていいほど意味のない

友達だとは思いますが、

 

そのチャラさが異性にウケるという

こともあるのです。

 

3,毎日を不健康に過ごす

ようは、「ゴホッ、ゴホッ」で

モテるというやり方です。

 

そこに、血でもついていたら

 

「どうしたの」

 

ということになります。

 

なぜか、健康なキャラクターよりも

少し持病をもったキャラクターの

ほうが注目されるのです。

 

今から、高原のサナトリウム

生活してくださいという話しでは

ありませんが、

 

「わたし病気なんです」

 

と、言っている人が案外、

性欲が強いということがあります。

 

そういった意味でも不健康な人の

ほうが事実モテているということ

になります。

 

まとめ

場合によっては嫌われるか、

自分にとってデメリットな部分も

あるかもしれませんが、

 

一時的にそのような生き方を

してみるのもありです。

 

事実これらの1つでも押さえていたら

モテることは確実です。

 

男、女、問わずモテる人というのは

これらのうち、どれかに当て嵌まる

ことが言えます。

 

ほかにも秘訣はあると思うのですが、

 

これにガチっと嵌まる人はいますので、

ぜひ試してほしいと思います。