シバブログ

日常で感じたこと思ったことを書いています

ライターなどの仕事をやってみて思ったこと

そうです。ライターというものを初めてやってみました。去年の暮れあたりにオーディションのような試験をやって、それで合格したんでそのまま続けていました。しばらくして、他のジャンルの募集があったので、仕事の本数増やすためにそちらのほうも希望したところ、若干ですが、1文字あたりの値段が安くなったうえに、編集サイドとの相性が悪く、結局は辞退、やめるという決断をしました。

 

結果てきには良い経験になったのですが、サイトを量産してそれを販売するというものでしたので、そこまで文章クオリティが求められておらず、編集者の変な世界感のようなものがあるようで、それがどうしても合いませんでした。こちらが書いた文章も全く使われず殆ど変更されていたようで、これだったら何も発注かける必要もないのではないのではということになり、何だか、先方が上から目線になりだしたので、ああ、潮時かなということになりました。

 

こればかりはやってみないと分からないことですが、ライターにも色々あるということです。書き手なのか、編集者なのか、個性が求められるのか、求められないのか、というように、ライティングにも種類があるらしく、ウェブライティングに関してはほぼ無個性なものが求められるようです。ようはクライアントの要求に何でも答える人ってことになります。まあ、言ってしまえば靴でも何でも舐める人のことです。その編集をやっている人にいわせると、文章の下手な奴ほど稼いでいるのだそうです。トップレベルの人たちは違うのでしょうが、ちまたの使い捨てのゴミカスのライターなんてのは、そのようなものです。

 

世の中からは求められていないが、クライアントには求められるという無難で中身のない文章のことです。やたら見た目など、デザインにはこだわっているわりに文章が横に広がるばかりで言いたいことが何なのかわからないというものです。自分がない、何の主張も信念も持ち合わせていないというものです。

 

無個性な人間が作るものって結局つまらないんです。つまらない作業からつまらないものができるのは当然ですが。ウェブライターなんていうのもそのようなものなんです。人間がやらなくていいようなことをわざわざやっている。たとえウェブのライティングでももう少し面白くてもいいんじゃないかって思うんです。何をそんなにカッコつけているのかが理解できないんですが、どうせバカなんだからもっと遊んだらいいんです。

 

新聞記者をやっている人なんてのも、結局は文章が下手になるそうです。下手かどうかは個人差でしょうが、新聞社では自分を出さない文章に矯正されるので、あとあと文章を書くようなことになっても、読み手からするとたいへん面白くないものになってしまうのだそうです。文章を書くということは非常にテクニカルなことだと思われがちですが、実際にはとてもクリエイティブ系なんです。スタイルや形式なんてものはあってないようなものです。それでも、論理的である必要はあるとは思いますが、基本何をしても構わないどころか、実はあまり決まっていないんです。誰々が言うからなんてのもそいつが勝手に言っているようなものです。ようは伝わればいいんです。

 

最後に、ライターをやってみてどうだったのかですが。少しだけなら経験してもいいかな程度です。文章力は上がりません。文章の量を書くのは苦ではなくなりましたが、例えば、10,000字書いてくれと言われても普通に書けます。ですが、とにかくリサーチがキツかったというのがあります。ウェブ上でリサーチをするのですが、誰が書いたかもわからない文章を読まなければならないのがとても苦痛でした。

 

何はともあれ、吹っ切れたようです。もう、だれのいうことも聞かない、己の好きなように信じるがままにやっていこうと思います。